へっぽこびんぼう野郎のnewbie日記

けろけーろ(´・ω・`)!

コンピュータサイエンス

システム稼働率・並列時1-(1-X)(1-Y)について

X, Yの稼働率をP(X)とする。X, Yの並列であるときXが稼働しない割合は(1-P(X)) ゆえに XまたはYが稼働しない割合(どちらか一方でも稼働しない割合)は(1-P(X))(1-P(Y))したがってXまたはYが稼働する割合(XY並列時の稼働率)は1-(1-P(X))(1-P(Y))

ハミングコードについて。応用情報過去問のやつ。

はじめに 応用情報の過去問問いてたら、ハミングコードなるものが出てきた。 問題は解けたけど、パリティチェックと何が違うんと思って調べた。 ハミングコードの簡単な歴史 ハミングさんという偉い人が発見した。 【その経緯】 →普通のパリティチェックだと…