読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

へっぽこびんぼう野郎のnewbie日記

けろけーろ(´・ω・`)!

コンピュータの能力を思い知った

前から知っていたことだけど、コンピュータの計算能力ってすごい。

人間よりはるかに優れているのは、当然みんな知っていることだけど、改めて思い知った。

 

Python チュートリアル』という参考書を買ってきたところ、素数をざっくり求めるプログラムが載っていた。(p.30 §4-4)

2は素数。

3は2で割れないので素数。

4は2で割れるので 2*2。

5は2でも3でも4でも割れないので素数。

6は2で割れるので 2*3。

7は2、3、4、5、6で割れないので素数。

…というかなり素数を求めるにしては非効率のプログラムである。

for n in range(2,10): 

        for x in range(2,n):

              if n % x == 0: 

               print(n, 'equals' , x, '*', n//x)

                 break 

       else: 

             print(n, 'is prime number.')

 まぁこんなものは本当に一瞬で計算できてしまうし、何もおもしろくない。

(※prime number は素数という意味。『prime = 主要の、最も重要な』)

そこで、for n in range(2,10)の10を10000にして、2から10,000までの素数を求めるプログラムにしてみた。

for n in range(2,10000):

        for x in range(2,n):

              if n % x == 0:

                 break

       else:

             print(n, end=' ')

 わくわくしながらエンターを2連打すると、なんとあろうことか2から1万までの素数がほとんど一瞬で求まってしまったのだった。

(※end=' 'は

2

3

5

のように表示されるのを

2 3 5 …

としたかっただけのヤツ。end='myao'とすると

2myao3myao5myao…

となる。)

ちなみにこのパソコン、割と型は古く、ノートパソコンであり、一応CPUはCore i3のナンチャラだけど

ぶっちゃけアドオンもっさりのFirefoxを使えば、ものすっごい遅くなる代物である。

つまり、『Firefoxでブラウジングする、ということは、1万までの素数を求めることより何十倍、何百倍、ともすればそれ以上の難題である。』という常識を、今更ながらに思い知った。

 

我々にしてみれば、1万までの素数を計算で求める、なんてことは一大事業であるけれど、

どうやら彼らにとっては、全然そんなことはないらしい。

そんなとてつもない能力を、ニコニコ動画などのサイトを見るために使う人間もすごい。

そして『遅いんだよ』なんていう言葉を、12×13も即座にできないような人間が発することはもはや驚きである。

 

その驚異的な計算能力を、ニコニコで『wwwwwwwwww』なんて入力するためにパソコンを使うって、実は、すごくもったいないことではないだろうか。

歴史的に類を見ない資源の無駄遣いであると思う。

だって、昔に行けば、1万までの素数を即座に計算して表示できちゃう人間なんて

超重宝される。

ていうか、神様扱いされる。

それよりはるかにすげーヤツを、まるで奴隷、いや、奴隷よりめちゃくちゃに酷使できる現代っ子って、じゃあ、最高神みたいなもんじゃん。しかも、お金さえあれば、何個も手に入るとか、気持ち悪すぎる。

 

いいかげんみんなパソコンを、もっと有意義に使うべきなんじゃないかって思った。

もちろん、ニコニコだっておもしろい(動画もある)から、別に観たら悪いってわけじゃないけどさ。