読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

へっぽこびんぼう野郎のnewbie日記

けろけーろ(´・ω・`)!

体系化された知識を保持する必要性

例えば、for文を知らないひとは
print 1
print 2
print 3
としか書けない
このめんどくさいのを解決するためには
その人はprint めんどくさい などとGoogleで検索して
for や whileを発見しなければいけない
もしくは、それに準ずるものを発明しなければならない

この勉強方法は遅延評価法と言うらしいけど

果たして最高効率の勉強方法なのだろうかと思う

あるプログラムを書くのに特化するならば、このやり方は優秀かもしれない

でも、もとからforの存在を知っていれば
そんなググりは存在し得ない

必要だから調査し、獲得する、というのは確かに有用なのだけど

もっと効果的なやり方っていうのは
必要なさそうでもありとあらゆることを獲得するということ

これの最も良いところは
調査にかかる時間がすさまじく減少するということだ。

あぁ、これはあれを使えばできそうだなと
頭の中で組み立てることができる

特に、自分では見当もつかなかったやり方というものは
自分のやり方では、発見することができない

要は、なるべく楽して高みに上るためには
コツコツとやることが最大の近道であって

学問に王道はなし。