へっぽこびんぼう野郎のnewbie日記

けろけーろ(´・ω・`)!

英語恐怖症からの脱却必要性

ググってるとよくわかるけど、

パソコン関係の情報は、日本語での情報よりも英語での情報の方が豊富にある。

Microsoft Officeの使い方、とか

ハードディスクって何?とか

割と誰でも気にするようなことはともかくとして、

Google Chrome拡張機能の作り方」をググると、日本語では公式ドキュメントがそもそもないという有様。

日本語では全くない情報もある。(世界的にもマイナーなソフトを自分が使っている場合とか、調べていることが上級者向けなことなど)

日本語での情報もあるけど、情報の鮮度が落ちていることも多々あり、

役に立たないこともしばしばある。

 

いつも僕は日本語で調べてから、無さそうなら英語で調べるという方法を使っていたけれど

最近気付いた。

 

「だったら最初から英語で調べればいいじゃん」と

 

情報量が豊富なのだから、英文から情報を漁ったほうが明らかに時間短縮になる。

もちろん一部の日本語関連の情報は別として。

英語がうまく読めないから、日本語の情報を漁っているんだけど、

ぶっちゃけそれだと、行き詰まった時にようやく英文を読むことになり、とても辛い。

それなら毎日のように、「あー、これはこう使うのか〜」なんて思いながら英文のサイトを見る方がいいと思う。

 

ていうか、英語読めないと、ソフト使っててエラー出た時に

「なんじゃこりゃあああ」ってなるときがたまにある。

とりあえず専門用語とかは大体そのままの横文字で日本語化しているわけだし、

英文でも「ぐぬぬ」とならないように読めるようになりたい。

 

英文、一応読めるけど、あんまり読みたくないんだよね。(難しい英文は全く読めない)

日本文を読むのと比べて時間がかかるし。

この一記事だって、日本語ならここまで20秒ほどで読める。

英文だと1行で数秒かかる。

1行3秒かかるとすると、ここまで読むのに2分近くかかる。

それが苦痛。知らない単語が大量発生するともうダメ。

 

難しいドキュメントだと、その差は更に広がる。

日本語でも「んん?」ってなるようなことが英語で書かれているとやめてくれって騒ぎたくなる。

 

でも、英語を使えれば仕事の幅も増えるし、海外旅行でとても困らないし、何よりなんとなくカッコイイ

彼女とか連れて海外旅行行く事になって、そのときペラペラに話せてHAHAHAとか笑い合ってたら

かなり好感度上がると思う。

 

将来的に利益になるんだし、pythonと一緒に英語も勉強していこうと思う。