へっぽこびんぼう野郎のnewbie日記

けろけーろ(´・ω・`)!

「面白いほどよくわかる小学校の算数」とやらの本を解いてみて思ったこと

『「計算する」ということは、存外大事なことだ。』ということにまず気付いた。

 

この本は、小学校の算数と銘打ってはいるが、

実際中身は高校で習う数学だったり

中学校で習う数学だったりと、エックスやら方程式やらを、あえて使わずに解こうとしている問題集だった。

 

「方程式をあえて使わない」と言ってはいるが、

その実態は、方程式と同じようなことをやっており、

算数の伝家の宝刀「□(しかく)」を繰り出して、代替していることもあって、

それって何か意味あるのかという感じだ。

 

にしても、意外とわからないところもあって、

それから、計算ミスが、ものすごぉく多発していたこともあり、

僕の頭はもはや瀕死状態である。

 

それが、とってもとってもむかつく。

 

どうしてこんなものが解けないのか、

なんでこんな計算ミスしているのかと

やるせない気分になる。

 

おそらくこれは、高校を卒業してから、「何かを計算する」ということをしてこなかったのが

原因にあるのだと思う。

今思えば、高校生までの僕は、ほとんど毎日のように計算ばかりしていた。

 

漢字もそうだが、「文章を手で書く」ということを極端にしていないんじゃないかなと思う。

 

本当にひどいので、

毎日何かしら計算する癖をつけようと思った。