へっぽこびんぼう野郎のnewbie日記

けろけーろ(´・ω・`)!

PythonでDjangoを入れるときにVirtualenvとかいうやつをつかう!!!

一応Google App Engineインストールしたから

もうDjangoは入っているんだけど

まあ当然

python -c "import django"

なんて打ったって何も起こらないわけだよね。

そこで、なんかライブラリまでのパスを通すの、複雑そうで嫌だな!

と思ったので

公式サイトからDjangoをインストールしようと思った。

 

ほんとはもっとうまい設定方法とかあるんだろうけど

そんなの知らんし……

 

せっかくだからPython3.XでGAEをつかってみようと思ったけど

軽く調べた感じ対応してないっぽい

かなしい

 

まあどうでもいいやと

Django1.5をインストールしにいく

だがそこで僕はVirtualenvに出会った

How to install Django | Django documentation | Django

  1. (optional) Take a look at virtualenv and virtualenvwrapper. These tools provide isolated Python environments, which are more practical than installing packages systemwide. They also allow installing packages without administrator privileges. It’s up to you to decide if you want to learn and use them.

 

ここで。

コピペしたら2.のところが1.ってなった。

酷い。liひどい。

 

これ、Pythonの環境をべつべつに作って、

いろいろできるツールらしい。

「このサイトは2.5使うよ」

「このサイトは2.7使うわ」

みたいに使い分けれる

 

昔は『なにこれ。環境を作るって、そんなのいらなくね。めんどくさいじゃん。適当にぶちこんでおけよ』って思ってたやつなんだけど

環境構築で苦労した経験があると

「あとで何があるかわからんしとりあえず入れておこう」みたいなノリになるはず

 似たような環境が2個重なるとわけわからんくなるし

 

つかいかた

 

まあここに書いてあるんすけどね

User Guide — virtualenv 12.0.5 documentation

あたらしい環境つくるやつ

$ virtualenv ENV 

作った環境はカレントディレクトリにENVってディレクトリでできるよ

ENVのとこは名前変えてもいけると思う(試してない)

それを機能させるやつ

$ source bin/activate

これで機能する。コマンドラインの左のへんがおかしくなる。

『binってなんだよ』とか怒ってはいけない。

さっき作ったENVの下にある

機能停止するやつ

$ deactivate

楽すぎわろちんこ

さっきのbin/activateの中にdeactivate()の中身が書いてあるので

たぶんこれでなんかやってんだろ

ENVの中身が俺が今までに築き上げてきたPython環境じゃないんだけど!?

$ virtualenv --system-site-packages ENV

今のPythonパッケージから継承したものをENVに作ってくれる偉い子

 

他にもいっぱい書いてあるけど

ようわからん

知らん

ま、そのうち使うやろ!!!

 

実験してみた

➜ ENV cd bin
➜ bin ls
activate activate_this.py pip python
activate.csh easy_install pip2 python2
activate.fish easy_install-2.7 pip2.7 python2.7
➜ bin vim hoge.sh
➜ bin cd
➜ ~ sh hoge.sh
sh: hoge.sh: No such file or directory
➜ ~ source ENV/bin/activate
(ENV)➜ ~ sh hoge.sh
hoge
(ENV)➜ ~ deactivate 

➜ ~ sh hoge.sh
sh: hoge.sh: No such file or directory

こんなノリ

なんか矢印あるのはMacだからしかたない。

python系のパスがENVの方にかわるわけだね

なんだ、sourceでシェルで読み込んでるだけじゃないか!って印象だった。

とても簡単なつくりだな!!!僕は作れないけど

 

とりあえずDjangoインストールしないと

 

追記:

無事インストールできたみたいだ。

ちゃんと仮の環境のところにインストールされている!

➜ ~ source ENV/bin/activate
(ENV)➜ ~ sudo pip install Django
Password:
Downloading/unpacking Django
Downloading Django-1.7.3-py2.py3-none-any.whl (7.4MB): 7.4MB downloaded
Installing collected packages: Django
Successfully installed Django
Cleaning up...

(ENV)➜  ~  cd ENV/bin

(ENV)➜ bin ls
activate django-admin easy_install-2.7 pip2.7
activate.csh django-admin.py hoge.sh python
activate.fish django-admin.pyc pip python2
activate_this.py easy_install pip2 python2.7 

ていうか1.7.3がインストールされとるやないか

これはだめだ

追追記:

$ pip install django=="1.5"

おしまい