読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

へっぽこびんぼう野郎のnewbie日記

けろけーろ(´・ω・`)!

答え合わせするときのコツ・方法各種と、その効果についての個人的見解

雑記 勉強法

はじめに

答え合わせの方法についてをかくよ。
色々試行錯誤した結果、答えのある問題を解くときの答え合わせのしかたについていろいろ思ったことがあるのでそれも言及するよ。

スーパー意味のない答え合わせ法

問題を解く
 ↓
解答と答えを突き合わせる(解説は見ない)
 ↓
まる付け
 ↓
おわり

速度 :☆☆☆☆☆
理解度:ぜろ
総評 :理解度は壊滅的なやり方。速度だけは速いので、教師が生徒の採点をするとき・自分の実力の完璧さを再確認するときなどには有用。自分のための勉強には最悪な方法。

間違えたところだけしか見ないよ法

問題を解く
 ↓
解答と答えを突き合わせる(解説は見ない)
 ↓
まる付け
 ↓
まる付け終了後、間違えていたところを見直し、解説を読む
 ↓
おわり

速度 :☆☆☆
理解度:☆
総評 :間違っていた所だけを見るやり方。採点時に高速化されるので、問題をとにかく多く解きたいときなどはこのやり方がいいのかもしれない。ただし、偶然正解していた問題・自信なかったけど正解しちゃった問題についての抜けが発生するため、平易な問題ばかりを解くときだけ向いている。

間違いを確認しながら答え合わせしていくよ法

問題を解く
 ↓
解答と答えを突き合わせて確認する
 ↓
まる付けしつつ、間違えた所はその時点で解説を読む
 ↓
おわり

速度 :☆☆☆
理解度:☆☆
総評 :間違っていた所だけを見るやり方その2。ただし採点時に高速化はされにくい。理解度はこちらの方がやや上かも。当然、偶然正解した問題などは抜けが発生する。

むしろもう1回解き直してると言っても過言じゃないよ法

問題を解く
 ↓
解答と答え、さらに問題も突き合わせて確認、まる付けする
 ↓
正解している所も、なんで正解しているのか曖昧であれば解説を見に行く
 ↓
おわり

速度 :☆☆
理解度:☆☆☆
総評 :たぶんこれが最終的にはいちばん楽だと思います。デメリットは、時間がかかり割とだるいことと、『あ、これね。知ってるよ。合ってた。ほらね。正解だった』な箇所が実は違う理由で正解になっていたときに、それに気付けないこと。復習するときに高速化され、無敵になれる。でもわりとだるい。

もはや解説から先に読んだ方が楽なんじゃないの法

問題を解く
 ↓
全ての問題の箇所の解説を見に行きつつ、まる付けする
 ↓
おわり

速度 :☆
理解度:☆☆☆☆
総評 :とにかくだるい。ただし理解度は頂上クラス。「基礎を反復すればいいというのはこういうことである」の体現トップクラス。同じ問題集をただひたすら解く場合の、その第1回目で威力を発揮する。上記の方法ではこのやり方での『うえ!?そういうことだったのか……』というものが発生しない。だるいからやりたくないけど。

じゃあ解説から先に読んだよ法

解説を読みながら問題を見る
 ↓
へぇそういうことか
 ↓
読み終わったあと問題を解く
 ↓
好きな方法で答え合わせ

速度 :☆半分
理解度:?
総評 :モチベーションが上がらなすぎる。答えだけ覚えちゃう可能性が大であんまり意味がない気がする。モチベーションがあがらなかったからこのやり方では僕はやってない。誰かどういう感じなのか教えてくれ。

答え合わせってなんだよ普通の人間は全部正解だろ法

問題を解く
 ↓
おわり

速度 :☆☆☆☆☆☆☆
理解度:ぜろ
総評 :すごい。

俺は0点でいい法

問題を解かない
 ↓
おわり

速度 :∞
理解度:ぜろ
総評 :やれよ。