読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

へっぽこびんぼう野郎のnewbie日記

けろけーろ(´・ω・`)!

gitのコミットメッセージを、コミットするときに考えるのがつらいので、そもそも作業前にメッセージを考えて作ることにした話

Git

ぼくのかんがえ

  • ( ^o^) 良いコミットメッセージ書くぞ
  • ( ˘⊖˘) 。o(まてよ、そもそもどうしてファイルを編集したあとにコミットメッセージを考えないといけないんだ?)
  • |documentation| ┗(☋` )┓三
  • ( ◠‿◠ )☛ そこに気付いたか…… 貴様には実装してもらおう
  • ▂▅▇█▓▒░(’ω’)░▒▓█▇▅▂ うわああああああああ

作業のワークフローはこんな感じ

f:id:haruharu1:20161117010952p:plain

べんりかもしれない

やったこと

Gitのhooksをつかったりしてみた

ソース

github.com

インストール方法

makeでインストールできるはず
デフォルトは/usr/local/binに入るようになってるので、気に入らない人はMakefile見てかえてください

おまけ

テスト書いてないのでバグがあったらごめんなさい。PR待ってます

チケットみたいな感じで作れるので嬉しいのと、自分が何やってるか明確にできるので嬉しい
ゴミコミットみたいなのが減ってるので、個人的につくってよかったかなと思っている

持論

  • 作業がかなり明確で短い場合は、最後にコミットメッセージを考える方が楽(自分の頭の中で「どういう作業してどうなったか」を絶えず考えておけるので)
  • 試行錯誤系のものについては、作業はあくまでも指針だから明確に決まっているわけではない。なので「とりあえずコレやる」だけ書いて、書いたものと若干違う作業が出たらコミットメッセージを変えてコミットすれば、コミットごとにタスクがしっかり分解されて、コミットメッセージもあんまり考えなくてよくなる。試行錯誤の様子がコミットメッセージに現れるが、それはそれでよいのではないか
  • 「コミットメッセージをあとで書く」ようにしていると、気が付かないうちに別の作業もしてしまい、あとでいろいろ混ざったコミットになるが、これの場合最初に「コレをやる」と決めてるので、あんまり混ざらない