へっぽこびんぼう野郎のnewbie日記

けろけーろ(´・ω・`)! #vZkt8fc6J

応用情報技術者試験に合格したのでなんかいろいろ書くよ

ぼく

さっき28歳になった。

プログラミング歴は4年1ヶ月

結果

午前61%・午後61%とかいうギリギリで受かっていた。

応用情報の感想

普通に難しかった。とにかく範囲が広い。なんじゃそれってものが多かった。圧倒的に自分に知識が足りないことがわかって悲しかった。

特にOSのしくみ、ハードウェア、ネットワークとか、なんかだいたい全部やべぇって感じだった。マネジメントの知識?会計の知識?知るか!みたいな

よくこれでプログラマできてるなっていう感じの悲しみを味わった。

6割取れてるけど、マークシートなので、確信持ってこれって選べたのはたぶん2割ぐらい。あとは「たぶんこれかなぁ?」とか「とりあえずこれは無い」とかで選択肢絞った結果。

泣きたい。

勉強時間

全くしなかった。

しいて言うなら3年ぐらい前に2回分ぐらい過去問解いてた(過去にこのブログでなんか言及してる)

対策なしで受かったのは午後にRESTの問題が出て、「うっはああああ完璧にわかるううううう」ってのがあったからだと思う。

資格取った感想

合格発表日に胃腸炎でダウンしてたので嬉しさがなかった。「お腹痛いお腹痛いお腹痛い。うわ合格してた。ギリギリだな。うわお腹痛い。もう発表見たし寝よ……」みたいな。

一応応用情報も基本情報も取る意味はあると思う。バカにできないし、知らないこと多すぎるので自分が知らない点を見つけるという点でかなり意味のある試験。 問題もかなり練られている(まぁ国家資格だし……)

応用情報持ってると警視庁で巡査部長相当の捜査官になる試験を受けることができるらしい。月給低いな……

www.keishicho.metro.tokyo.jp

カーネル周りとネットワーク周りがかなり意味不明なので、ちゃんと重点的に勉強しなきゃなと思った。あとデータベース。もうずっとおろそかにしてる。

とりあえず今年はサボってた気がするから、来年はちゃんと勉強するぞい!