へっぽこびんぼう野郎のnewbie日記

けろけーろ(´・ω・`)! #vZkt8fc6J

Vimのjedi-vimでpythonのGoToDefinitionのためにctagsでいろいろ定義のIndexを集めるためにやること

まず exuberant-ctags をインストールする。

Macなら

Exuberant Ctags

からダウンロードして、↓のようにインストール。将来バージョンが変わるかもしれないのでそのへんは脳内補完でお願いします。

$ tar -xzvf ctags-5.8.tar.gz 
$ cd ctags-5.8
$ make
$ sudo make install

これで /usr/local/bin/ に置かれるので、そのctagsを使って

$ ctags -R --fields=+l --languages=python --python-kinds=-iv -f ./tags /path/to/your-project-file
$ ctags -R --fields=+l --languages=python --python-kinds=-iv -f ./tags $(python -c "import os, sys; print(' '.join('{}'.format(d) for d in sys.path if os.path.isdir(d)))")

Done.

Ctrl + ] (定義へ) / Ctrl + o (1つ前に戻る) / CTRL-^ (1つ前のファイルに戻る) で幸せになれます。

Navigating your Django project with Vim and ctags | Fusionbox